キャッシングの原則として収入証明書の提出は必要

銀行でお金を借りるときには、収入証明書が必要になります。なぜなら、あなたの返済能力を見極めるためです。

しかし、実は最近の銀行では収入証明書不要でも良いところが増えてきました。

収入証明書不要になることで、まず収入証明書を用意する手間が無くなります。

収入証明書を用意するときは、自営業だと役所まで取りにいかないといけませんし、会社員だと経理に言わないといけません。

どの道手間も時間もかかりますので、即日融資してもらえない原因となります。

できることなら、収入証明書の提出は無い方がいいと考えている人はたくさんいます。

収入証明書が不要になる条件とは?

では、どのようなときに収入証明書不要になるのかといいますと、例えば300万円までのローンの利用なら収入証明書不要にしていたり、100万円以上の利用なら必要だとしていたりなど、銀行によって条件はバラバラなのです。

ただし、あなたの信用状態や審査状況によっては、たとえ利用金額が少ない場合であってもやはり収入証明書が必要になることがあります。

自分の場合は収入証明書が不要なのかどうかは、銀行に予め聞いてみるといいでしょう。

そうすれば、審査のときに無駄な手間をかけずに済みます。

他社からの借り入れ金がすでにある場合は必要になる

ただ、例えば20万円程度の少額融資であったとしても、すでに他社から100万円の融資を受けていたら、収入証明書が必要になることは多いです。

収入証明書は、トータルの借り入れ額によって必要か不要かが決まってくるので、お金を借りる金額が少ないとしても必ずしも不要になるわけではありません。

信用状態が悪いと必要になる書類の数が増えてきますので、なるべくなら銀行からお金を借りるときには他の金融機関のローンは返済しておくといいでしょう。

そうすれば、収入証明書不要になることが多いです。

収入証明書不要になりやすい金融機関は?

希望限度額によって、金融機関は収入証明書の提出を求めてくることがあります。

なので、例えばオリックス銀行やじぶん銀行などのように、300万円以上の借り入れから収入証明書を求めるようなところを選べば、その分の手間はかかりにくいことになります。

つまり、100万円の申し込み予定があるけど、100万円だと収入証明書の提出を求められるのであれば、最初から300万円以上でなければ収入証明書の提出を求められない銀行の方が手間がかからず審査スピードも早くなって利便性が高くなるということです。