銀行でお金を借りるときには在籍確認が必要

銀行でローンを利用したり銀行でお金を借りるときには、在籍確認が必要です。

在籍確認というのは、あなたが勤め先できちんと働いているかどうかを確認するためのものです。

これも審査の一つなので、もしも在籍確認のときにあなたが在籍しているかどうかが確認できなかったら、当然審査には落ちてしまいます。

なので、きちんと在籍確認を行うことが大事です。

銀行から在籍確認の電話がかかってきたときには、普通に対応すれば大丈夫なので、難しく考えないようにしてください。

在籍確認はどのようにして行われるの?

在籍確認なのですが、例えば銀行は「◯◯と申しますが、△△さんいますか?」などのような感じで、個人名で電話をかけてくれます。

なので、あなたはそれに普通に出れば問題ありません。

個人名がダメな場合であれば、「◯◯銀行の者です」みたいにして対応してもらうこともできます。

また、銀行からの電話であれば、不審に思う人は基本的にはいません。なぜなら、銀行は誰もが利用するからです。

皆銀行に口座を普通に持っているので、銀行から電話がかかってきたとしても不審に思うことはありません。

在籍確認の方法は電話だけなのか?

在籍確認をするには電話をかけるのが一番手っ取り早いのですが、場合によっては書類のやり取りだけでいい場合もあります。

利用限度額が少ない場合であれば、勤務先の給与明細や社会保険証のコピーで済むこともあります。

その辺りのことは、銀行サイドと相談するようにするといいでしょう。

また、少額のカードローンの場合であれば、在籍確認自体無いこともあります。

在籍確認の有無は銀行の考えによりますので、申し込み前に相談してみるといいでしょう。

ただ、どうしても在籍確認をされるとまずい場合は、このような方法もあります。

モビットなら在籍確認無しでOK

実は金融機関の中には、在籍確認無しでお金を借りることができるところもあります。

そのうちの一つがモビットです。

モビットであれば、電話による在籍確認無しでいいですし、さらに郵送物の送付もありません。

なので、会社にも家族にもローンのことがバレる心配はありません。

決してやましいことは無いにしても、やはりローンの利用は人には知られたくないと考えている人もいるでしょう。

そんなときには、モビットを利用したり書類のやり取りだけで在籍確認を済ましたりすれば、問題無くお金を借りることができます。