銀行でお金を借りるときの審査内容とは?

銀行で融資の申し込みをしたときには、どのような審査をされるのでしょうか。

基本的には、安定収入があるかどうかを判断されます。

銀行サイドとしては、貸したお金がしっかりと返ってこないと困るため、まずは定収入にこだわります。

そして、その範囲内での融資になるので、大きく借りたいのであれば、まずは年収を上げるようにするといいでしょう。

ちなみに、安定収入があるかどうかは、正社員なのかフリーターなのか、それとも専業主婦なのかによって判断が変わってきます。

原則としては、やはり正社員の方が審査には通りやすいです。

フリーターや専業主婦だとダメなの?

どうしても収入に不安のある専業主婦やフリーター、そして学生の場合であれば、審査には通らないことが多いです。

ただ、基本は安定収入なので、例えば専業主婦であっても配偶者に安定収入があったら審査に通ることもありますし、学生であってもアルバイトをしていたり奨学金を借りていたりしたら話は別です。

とにかく銀行は収入があるかどうかを判断しますので、その根拠さえ示すことができれば大丈夫だというわけです。

ただ、学生や専業主婦、フリーターの場合だと限度額も50万円以下になることが多いです。

他社からの借り入れ状況もチェックされる

銀行でお金を借りるときだけに限らず、ノンバンク系でも消費者金融でも、ローンの申し込みのときには他社からの借り入れ件数や借り入れ金額を審査されます。

なので、あまりにも他社から借り入れしていたり、借り入れ金が多かったりしたら審査に影響しますので、銀行からお金を借りるときには、まずは他社からの借り入れ金を全て整理することが大事です。

そうすれば、きちんと返済歴もあると判断され、審査にも良い影響を与えることができます。

きちんと収入があっても借り入れ状況が悪かったら審査に落ちることもあるので気をつけましょう。

何かの目的のためにお金を借りよう

ただ単純にお金を借りるだけのフリーローンよりも、用途が決まっているブライダルローンや住宅ローンの方が金利は低い傾向があります。

単純に交際費とか生活費のためにお金を借りるとなると、割と高めの金利になることがありますので、せっかく審査をしてお金を借りるのですから、できれば目的を持って銀行からお金を借りるようにするといいでしょう。

最近は超低金利時代なので、住宅やリフォームするためのローンを利用するチャンスです。

今の時代こそ上手にローンを利用すれば、返済の負担もそこまでかかりません。